マンション売却で成功させるなら不動産業者の営業マンを味方に

所有マンションの売却を検討しているなら、「本当の値段」を知る事が大切だと、マンション 売却 コツとして紹介しました。確かに本当の値段を知らないまま、売却活動を進めていくのは危険なのですが、それだけでなく、不動産売買においては不動産営業マンを味方につける事もとても重要だと考えています。

マンション売却の成功には不動産営業マンを味方につける事が大切

まず初めに知って欲しい事は、不動産売却のしくみについてです。おそらく大半がはじめて売却を検討していると思いますので、知識はほとんど無いのではと思います。

不動産を売却する場合、不動産会社に仲介を依頼して、買い手を紹介してもらうという事はわかると思います。不動産会社は媒介契約を結んだ売主に買い手を紹介して売買契約を締結することで手数料をもらうことができ、この仲介した手数料が不動産会社の利益になります。

不動産会社は売主に買主を紹介して売買契約しないと利益が発生しないしくみです。

売却において、不動産営業マンが味方になる時、味方になってくれない時

上で言ったように、不動産売買において、仲介業者は売買契約が成立しないと利益が発生しませんので、売主と媒介契約を締結したら、どうにかして売却できるように営業活動します。

とても良い事!と思われるかもしれませんが、時と場合においては、この考え方が売主にとってマイナスに働く場合があります。

例えば、売主が3200万円でマンションを売りたいと思っているとします。不動産売買は相手がいて初めて成立するので、買い手が高くても買いたいと思えば、3500万円だして購入する買主もいるかもしれませんが、多くの場合、相場に沿って購入を検討します。これは、自己資金とローンとの兼ね合いで購入できる予算がある程度決まっているからです。その為、買主は相場を基準として考えるので相場を大きく越える金額で購入する事はほとんどありません。ドラマなどでは、お金持ちが「気に入った」「いくらでも出す」などの演出がありますが、多くの場合このような事はないんです。

話を戻しますが、3200万円で売りたいとして、相場も3200万円だとするなら、おそらく売り方を間違わなければ、または時間的制約がなければ、おそらくプラスマイナスはあると思いますが、相場価格付近で売却できると思います。

しかし、味方である不動産会社が敵になってしまったら、相場よりも低い金額での売却になる可能性があるんです。

不動産会社は売買契約が成立しないと利益がでない!ので、どうにか売却できるように営業活動すると言いました。売主の事を思って、売却できるように考えてくれる営業マンであれば良いのですが、もし、自分の利益を考えた上で営業活動していたらどうでしょう?

不動産の営業マンは月のノルマがあったりしますので、そのノルマを達成しないと上司から・・・などがあり、営業成績をあげるために、自分の利益を優先しかねない訳です。

どういう事が起きるかというと、3200万円で売りたい売主ですが、最悪3000万円でもと考えているとしたら、通常はできるだけ高く売れるように3200万円で売る事を考えますが、もし営業マンが今月のノルマを達成しないとと考えた場合、3200万円ではすぐに売れそうにないから、価格を下げて売る事を考えます。

売り主が最悪3000万円でもと考えているのを知っていますので、3000万円~3100万円くらいで購入してくれる買主を見つければ売買が成立します。売主の希望を通すなら売却期限がないのなら、もう少し粘って希望価格で購入してくれる人を探すべきですが、自分の都合を優先し、売主にこのままでは売れない、など不安にさせて値下げさせて売る訳です。

売主からすると、営業マンの都合で値下げして売る事になっている訳です。

営業マンを味方につけないと売却で失敗する可能性が高くなる

営業マンを味方につけないと、ムダな値引きをして売るはめになってしまいます。すべての営業マンがこのような行動をとるわけではありませんが、不動産会社もビジネスですので、売買が成立しないことには意味がありません。少なからず、売買成立の為に気持ちが動くことはあると思います。

本当にやれる限りの営業活動をしたのにもかかわらず、売却できないのであれば、値下げも考えますが、それ以外で簡単に値下げをすべきではありません。売却期限があったりすると、どうしようもないケースもありますが、基本的には期限がないのであれば、出来る限り希望価格で売れるようにすべきです。

営業マンを味方につけるというより、営業マンが利益に走らないように、止める術を知っておくべきです。少なからず、相場の事、売却期限を持たないなど、不動産売却の知識を少し入れておくべきです。

不動産会社を選ぶ際に複数の不動産会社に話しを聞いて知識を入れておくと良いと思います。それぞれ考え方も違うでしょうし、比較できるので参考になるはずです。

マンション売却